« 明日(火) コンサート中止のお知らせ | トップページ | 4月9日( 土)お昼 日本橋にて »

2011年3月30日 (水)

弥生三月によせて 私が今思うこと

皆様こんにちは。弥生三月がまもなく終わろうとしています。

今月初め、三十路への扉を開けて、いろんな仲間に囲まれて、めいっぱい笑っていた時を、とても昔のように感じています。

みな様は如何でしょうか、夜など、まだまだ不安を感じたりなどしていないですか?

 あの日のお昼、私は自宅にいて、後五分で出かけるところでした。「めまい?」と思った揺れが突然大きくなり、玄関の戸を開けた時には、もう立っていられないほどでした。部屋に戻ると、壁にたててあったはずの楽器が全部倒れていて、傷はなかったものの、ただ呆然としてしまいました。ラジオをつけると、もう信じたくない事実ばかりが聞こえてきました。旅が好きな私です。まだまだ行ってみたい町がたくさんあって…、どの地名を聴いても私には地図の形として全部入ってくるのです。線路の網がどんな風に張り巡らされていたのかも分かります。そんな町々のことを考えただけで…、その日から本当に胸が痛みましたし、ふとした時にわーっと込み上げて、度々涙を流していました。

 二週間以上が過ぎた今、まだまだ不安なことはたくさん残っていますが、東京の街に響く人の声に、少しずつ「今月初めに聴いたような感じ」が、ほんとに少しずつですが、戻ってきている気がしています。

 私も、少しずつ、しっかりと気持が持てるようになってきました。やっぱり、先週末の本番で、50人くらいの方に聴いて頂く機会があったのですが、その時間が私に大きな力を与えてくれました。それで「ほんとの自分」が沸きあがってきました。

 今、私にできること。しっかりとした心を持って箏と三味線を奏でること。そして、皆さんに聴いて頂く機会が一つでもあれば、その時間の中で、日本に溢れている美しい自然や風情などを感じて頂けるような演奏をすること!! じっくりあゆんで行きたいと思います。

 来月(4月)にも演奏会があり、早くご案内したいと思っていながらも、
こんな大変な時なのにご案内をしてしまって良いのかと思っていたり…、大変に迷いましたが、
やはり次の記事でご案内をさせて頂くことにしました。

 最後に、この震災で被災された方々とそのご家族の皆様に、心よりお見舞い申し上げます。一日でも早い復興をお祈りしています。

    今日の一足が明日の元気に 繋がっていきますように  こころね

|

« 明日(火) コンサート中止のお知らせ | トップページ | 4月9日( 土)お昼 日本橋にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三月によせて 私が今思うこと:

« 明日(火) コンサート中止のお知らせ | トップページ | 4月9日( 土)お昼 日本橋にて »