« 親友よ | トップページ | 8/13(土)夜 東京は国立劇場にて »

2011年8月 3日 (水)

あああ、やっと

あああ、やっと
今はそんな言葉しか出てこないですが、

箏曲家 利根英法を、最後の最後まで、送り届けてきましたよ。

相変わらず悲しいけれど、
どこかどこかほっとした気持もあります。

怒濤のような、長くて、重くて、泣きはらした4日間。

昨日と今日は彼の故郷、播磨の相生に集まりました。

彼のそばでろうそくの火をつなぎ、弔辞の文を遂行させ、
久々に再開した尺八奏者 福田邦智と、棺の前で合奏し、語り合いました。

久々に再開する人とは手をとるたびにこみ上げて、言葉を探して涙ばかりがあふれました。

けれど、
昨日の通夜や今日の葬儀での演奏と、それから
必死に語りかけた弔辞、どれかで絶対耐えられないと思ったのに
この時ばかりは涙なしでつとめられました。

きっと、彼がそうさせてくれたんだろなって思いました。

お骨を拾い、参列した友人たちを見送り、
私だけは帰るに帰れないから彼を実家に送り届けて、
よくアホをして騒いだ二階の部屋をみたりして、

はぁ、やっと新幹線で帰ってます。

新神戸から書き始めたのに、あ、もう米原を過ぎたみたい。

とりあえず、今日と明日くらいは、ぼーっとしてみようかな。

改めて、昨日と今日、お会いできた全ての方々に、
私からもありがとうをお伝えしたいです。

写真は、相生に降りる度に触っていたペーロン船。
うまくは撮れていないかも。でも、これが相生市の名物?の一つなのです。

ドンデンシャン


英法おおきに!

|

« 親友よ | トップページ | 8/13(土)夜 東京は国立劇場にて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様
ボーっとしたあとに体調崩さないよう気をつけてください。
落ち着いたらゆっくり話したいです。
京都より

投稿: 江戸上 | 2011年8月 6日 (土) 02時13分

> 江戸上 様
ありがとうございます。
ほんと、家にいても外にいてもなんだか分からない感覚が未だに抜けません。
でも周りの方にも一杯助けて頂きながら、慌てずに歩いていきたいと思います。

投稿: こころね | 2011年8月 7日 (日) 12時57分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: あああ、やっと:

« 親友よ | トップページ | 8/13(土)夜 東京は国立劇場にて »