« 相生の町から | トップページ | 10/21(金)お昼 鎌倉市にて、薩摩琵琶とのコンサート »

2011年9月25日 (日)

お話の一つ一つが、人生なんです

なんのことかというと、朗読ミュージカルのこと。

先週末、今度の公演のリハーサルがあり、
「葉桜の頃」以外 三つの演目も拝見して、そんなことを強く感じたのです。

あまり書くと、ネタバレになってしまうので、
ぎりぎり?の所でやめておきますね(笑)。


  「とぎれた子守唄」 久留公子 《ピアノ・清水玲子》
一人のオペラ歌手に起こった、感動的なストーリーに、
私は涙しました!

  「つれあい」    安奈 淳 《ピアノ・清水玲子》
安奈淳さんは、「かっこいい女性」のお声だと感じました。
だからこの物語に描き出される二人の像がすてきなのです。

  「葉桜のころ」  有馬稲子 《箏・澤村祐司》
太宰治原作の「葉桜と魔笛」から生まれた物語です。
二人姉妹の会話や心の移り変わりの中で、
私も大切に奏でたい、ひたすらにそんな気持ちです。

  「青い星の願い」 森田克子 《ピアノ・沢里尊子》
10年前に朗読ミュージカルに出会った、その時から度々拝見しています。
だからストーリーも知ってます。でも、
何度見ても本当に楽しいお話です。笑いますよ!!


さて皆様!

夜公演のチケットは、まだございます。

色々な人生を描いた、涙あり、笑いありの、
朗読ミュージカル山崎陽子の世界に、是非いらして下さい。

日 時: 2011年10月4日(火) 5日(水)
    昼の部 13:30開場 14:00開演
    夜の部 18:00開場 18:30開演
場 所: 伝承ホール(渋谷区文化総合センター大和田6F)
入場料: 6,000円(全席自由)

申し込・問い合せ: オフィス・ディーバ 
    TEL: 03-6429-3560
    E-mail: pitajiya@gmail.com
    FAX: 03-6429-3561

宜しくお願い致します。

    今の季節には咲き誇っていない桜だからこそ 思いをはせるのです  こころね

|

« 相生の町から | トップページ | 10/21(金)お昼 鎌倉市にて、薩摩琵琶とのコンサート »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お話の一つ一つが、人生なんです:

« 相生の町から | トップページ | 10/21(金)お昼 鎌倉市にて、薩摩琵琶とのコンサート »