« 4/26(木)夜 東京上野にて 高橋竹山さんとのコンサート | トップページ | 5/23(水)夜 東京は渋谷にて 四つの色の 箏の調べ »

2012年4月21日 (土)

元気です 私は元気です

  まだまだ うっすら寒いと なんだか寂しくなるこころねです。

皆さんお元気でしょうか。ああ、どうしてこんな書き出しから始めなくてはならないくらい、言葉を貯めてしまうのでしょうねぇ。
まだまだ肩に力を入れて筆を走らせてしまってるから、というのもあるのですが…。

あっという間に4月が飛んで行こうとしています。
しおん会、茅ヶ崎のコンサート、そして、大阪の朗読ミュージカルにいらして下さった皆様、
本当にありがとうございました。
今日は、それぞれの舞台のこと、書きます!!ものすごく、長いです。。


    ●第20回 糸音会●  4月1日(日)

比良、萩の露、笹の露、二つの個性を演奏していました。
何よりも『二つの個性』。芸大に入る前からの友人 柿木原こうさんとの、音のぶつけ合い、そして会話をした15分でした。
ああ、彼女の書いた記事を読んだら、思わず涙が。そう、この曲は、
もう10回以上、英法君とも演奏した曲。今回は、彼が弾いていたパートを、私が弾きました。
「2箏は低調子やから音が立たへんねん」と悔しそうに言っていた彼の言葉がようやくわかりました。ほんとに立たなかった(汗)、今回ばかりは、カッキーに負けてしまったかも。
けれど、「本番が一番、二人して会話ができたね」と振り返れました。そう、
静寂の中に響かせ合った第2章は、私にも、こみ上げるものがありました。

それから、12年ぶりに、萩の露の箏。わけも分からず暗譜した高校3年の頃とは
違い、フレーズの成り行きや三絃との音の絡みなどに、じっくりと耳を傾ける
ことができました。古典って、箏と三絃、同時にフレーズが見えて、響き合いを
「音の景色」として捕らえられるようになると、楽しさが増してくるんです。
そんな曲を、一つずつ、増やしていきたいですね!


    ●箏はうたうⅡ●  4月6日(金)

さくら変奏曲、水の変態、ビートルズメドレー、五臓六腑、想いの鳥尽くしに
出演していましたが、このコンサートのプログラムは、じつに贅沢でした。箏の
世界ではおなじみの「さくらさくら」のメロディーがあり、映画音楽があり、
篠井英介さんの朗読や舞もあり…。それが、ぎゅっと2時間に凝縮されて
いたのですから。プログラムの半分以上が、眞吾先生の作曲・編曲によるもので
構成されていて…。改めて尊敬しました。私も、作曲を頑張らねばと実感しました。

どの曲も好きだったのですが、ビートルズは、なんだかギターを弾いているノリで、
楽しみました。水の変態は、何度弾いても、降り注ぐ雨や霰の早いパッセージが
あって、どきどきします。想いの鳥尽くしは、三年前に上演された篠井さん主演の
翻案劇「サロメ」の折に誕生した曲。英法君のリサイタルでは私も十七絃を
弾きました。あの時、彼が弾いていた箏パートを、今度は私が演奏させて
頂きました。何度も何度も、彼を感じながら、大切に演奏しました。


    ●朗読ミュージカル「山崎陽子の世界」●  4月14日(土)

山崎陽子の世界の舞台に、再び三度、ご一緒させて頂きました。陽子先生を初め、
出演の皆さん全員が、とにかくきらきらのオーラを放っておられて、楽しくて…、
今回の楽屋も、ずっと笑いっぱなしでした。でも、舞台袖から拝見する演技や、
楽屋のモニター越しに聴こえてくる演技の声には、同じ内容の舞台であっても、
毎回感動を覚えます。久留公子さんの「でーびっと!」の言葉には涙を流し、
安奈淳さんの「いつまでも、命の限り…」の歌には、自分も早く連れ合がほしい(涙)
と思ったり、森田克子さんの「京都の舞妓はんを演じる瞬間」には、急いで舞台袖に飛んでいって、大阪の皆さんの笑いの反応を感じにいきました。

『葉桜の頃』は、有馬稲子さんご本人の講演会の折の上演も含めると、もう5回
以上の再演で、その度に私も演奏させて頂いているのですが、有馬さんは、常に
「今度はここをもっと良くできるはず」と、必死に演技なさっていて…、私も、
無我夢中で奏でています。けれど、「妹が最後を迎えようとするシーン」では、私も
いつも舞台上で涙を堪えているのです。


    ●番外編●

朗読ミュージカルの終演後、私はようやく、会いたくて会いたくて…、思いを
寄せていたご夫婦に、お会いできたのです!去年の秋に、初めてお電話でお話を
して…、その瞬間から会話の波長が完全に一緒になり…、「なんでこんなにお話が
弾むのだろう?」と思うくらい、なんだかずうっと昔から知っていたようなご夫婦。
これまでに、何度お電話でお話したかわからないくらいです。そんなお二人が、
今回、遠く長崎県から、京都におられる娘さんと共に駆けつけて下さり、
盛り上がった夜を過ごしました。ご主人、奥様、娘さん、そして私。全員が酉年
だったことも分かり、一同、笑いながら驚き、ただならぬ深いご縁に感謝した
ひとときでした。


わー、また長くなりました。貯めちゃうからですよね(汗)。
目がお疲れになっていないと良いのですが…。

まずは、労音コンサート湘南の春に向けて、頑張ります!
労音コンサートでは、久々、私の新作も演奏予定です!!


  「ピンチはチャンス!」 これを唱えると 元気になれるんですよ  こころね

  出演情報  CD情報

|

« 4/26(木)夜 東京上野にて 高橋竹山さんとのコンサート | トップページ | 5/23(水)夜 東京は渋谷にて 四つの色の 箏の調べ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

元気いっぱいのゆーじさん。演奏すてきだったよ。朗読ミュージカルというものを初めて体験しました。またきっといきます。

有馬稲子さんに、お会いできて幸せでした。

投稿: 下田キヌエ | 2012年4月21日 (土) 10時59分

> 下田キヌエ様
本当にありがとうございました!朗読ミュージカルは、私にとって元気の源です。
やっとやっと、お会いできましたね!
夜の集いは、今思い出しても、思わずニッコリ(^^)
また、きっとお会いしたいです!!

投稿: こころね | 2012年4月21日 (土) 19時44分

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 元気です 私は元気です:

« 4/26(木)夜 東京上野にて 高橋竹山さんとのコンサート | トップページ | 5/23(水)夜 東京は渋谷にて 四つの色の 箏の調べ »